留学はモチベーションを高めて臨むことが重要

留学といっても、一年以上に渡っての交換留学や高校、大学、大学院と長期にわたる留学とサマースクールのような短期留学があります。
海外生活を体験したいとか英語をはじめとした現地の言葉に親しんでみたいとかといった比較的軽い動機に応えるものとしては短期留学が適しているように感じます。あくまでも現地での生活や勉強のトライアルという認識で体験することには意義はあるでしょう。ただし、いくらトライアルといっても、現地語で積極的にコミュニケーションをとるぞとか具体的にこのような体験をしたいとか小さくてもモチベーションは明確にかつ高く持って臨むことが大切です。というのも、短期留学は特に、モチベーションがハッキリしていないと何となく流されて終わってしまいがちだからです。日本人同士でつるんで長めの旅行気分のうちに留学期間が終わってしまったということもありがちでしょう。それ以外に目的があるのであれば、モチベーションをハッキリさせて臨み、短期留学を有意義なものにしましょう。